気軽に送れるLINEは、今やなくてはならないコミュニケーションツールですよね。
しかし中には、相手の気持ちを無視した一方通行のLINEを送ってくる方もいるようで……。

今回は実際にあった“温度差を感じたLINEエピソード”をご紹介します!

友達だと思っていたのに……


大学に入学したての4月のこと。
ある男子とLINEを交換しました。

その頃はコロナの影響で対面授業が少なかったため、「これをきっかけに交流の幅を広げられたらいいな」と思っていた私。
その男子に対して恋愛感情はなく、仲のよい友達になれそうな人という印象を持っていました。

LINEを続けているうちに、その男子が料理上手だと言うことが判明!
私の好きな食べ物について聞かれたので、「唐揚げ」と答えました。

するとその男子は、「俺よりうまい唐揚げはない」と一言。
適当に相槌をうっていたのですが、さらに「俺の手料理を食べる関係になって」と言われました。

言い回しや何もかもにゾッとしてしまい、それ以降は授業の業務連絡しかしていません。

(19歳/大学生)

気持ちの温度差……

投稿者さんの気持ちとは裏腹に、彼は恋愛対象として好意を持っていたのでしょう。
楽しくやりとりをしていたはずが、LINEの一言で一気に印象が変わってしまう結果に……。

恋のアプローチにも最適なツールとなり得るLINE。
ただし言葉の選び方には十分に注意したいですね。

以上、“温度差を感じたLINEエピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)