気軽にメッセージのやりとりができるLINE。
中には、内容を確認せずに送信してしまい、恥ずかしい思いをした人も多いようで……。

そこで今回は、実際にあった“誤爆LINEエピソード”をご紹介します!

彼氏とLINE中に……


彼氏とLINE中、会えない寂しさからお互いの好きなところを話していました。
「可愛いところ」「全部可愛いところ」「そっちの方が可愛い」など、バカップルぶりを発揮していたのです。

そこに母親からLINEが。
私は彼からのメッセージだと勘違いし「大好き!」と、送ってしまっていました。

母はスタンプでスルー対応。
ありがとう、お母さん。

(25歳/主婦/女性)

恥ずかしい……

彼氏と間違えて、母親にLINEを送ってしまった事件……。
ラブラブなメッセージを送り合っていただけに、一気に血の気が引いてしまいそうです。

追求せずに、スルーしてくれた母に感謝ですね。
恥ずかしい思いをしないためにも、LINEを送る前に相手をきちんと確認したいものです。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)