彼氏とのLINEでの甘い言葉のやりとりは、二人だけで楽しみたいもの。
直接甘い言葉を口にすることは苦手でも、LINEでなら言えるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、そうした甘い言葉のやりとりを誤って母親に送ってしまった方もいるようで……。

今回は実際にあった“恥ずかしいLINEエピソード”をご紹介します!

彼氏とのやりとりを……


数年前、当時付き合っていた彼とLINEで「好きだよ!」というようなやりとりをしていたときのことです。
彼に返信したつもりが、母に送ってしまいました。

早朝の出来事だったため、幸いにも母はまだ就寝中。
慌てて母のiPadのLINEのトーク履歴を消しに行きました。

母はガラケーを使っていたので、iPadの履歴さえ消せばいいと思っていた私。
しかし今思うと、ガラケーにもLINEが入っていたような気が……。

母からは何も言われていませんが、ガラケーに通知が残っていなかったことを願うばかりです。

(31歳/自営業/女性)

赤面……

彼氏へのメッセージを、よりにもよって母親に誤送信……。
甘い言葉のやりとりであれば、なおさら恥ずかしいですよね。

母親から何も言われていないのは、母の優しさなのかもしれません。
LINEのやりとりの際には、時々送信先をチェックしておくと安心かもしれませんね。

以上、“恥ずかしいLINEエピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)