うまくいかないこともある夫婦間。
中には、パートナーや家族の言動が原因で、離婚を考えたことがある人も多いようで……。

そこで今回は、実際にあった“離婚がチラついたエピソード”をご紹介します。

連れ子の行動に……


私たちは再婚同士です。

夫の連れ子はとにかく手癖が悪く、平気で財布からお金を盗んだり、人の持ち物を勝手に持ち出したりします。
その都度叱るのですが、全然聞いてくれません。

どうしようもないと思い、夫に相談しても「娘が本当にやったのか?」「そんなことをするなんて、信じられない」と、私の言うことを一向に信じませんでした。

私は頭にきて、こっそりカメラを仕掛けて録画しました。
そこには、夫の連れ子が私の財布からお金を抜いているところが、バッチリ映っていました。
夫はそれを見てやっと信じ、娘を叱っていましたが、旦那の甘さに離婚がよぎりました。

(46歳/主婦)

我が子だからこそ……

夫の連れ子にお金や物を盗まれた事件……。
相談しているのに信じてくれず、子どもを庇う夫に怒りを感じてしまいそうです。

子どもの間違いにいち早く気づき、正すのが親の役割だと思う人は多いはず……。
もし何か悪いことをしたという話が出たときは、まず我が子にも確認を取り、今後どうしていくか話し合いたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)