女性特有の生理の大変さ。
同じ女性同士でも、生理の悩みを相談することに抵抗感があるかたもいるでしょう。
人によって生理の悩みもさまざまなこともあり、デリケートな話題でもありますよね。

今回は、読者から寄せられた「生理の時に助けられた話」をご紹介します。

生理痛がひどくて……


前職のスーパーイケメンな先輩に助けられた話です。

当時銀行で営業職として勤めていたのですが、上司、同僚、後輩は全員男性という環境でした。
もちろん生理に関して理解のある職場とは言えず、毎月一人で生理痛に苦しむ日々……。

ある日、生理痛がひどくて顔を青くして仕事をしていたところ、男の先輩がこっそり冷房を弱めてくれ、「早く帰り」と帰宅の背中を押してくれました。
本当にかっこうよかった!

(29歳/会社員/女性)

イケメンな行動!

男性が多い職場では、生理痛だとは言い出しづらいですよね。
周りには気づかれないように、そっと気遣ってくれた先輩は、まさにイケメン!

職場では、自分の仕事のみに集中してしまいがちですが、周りの人を気遣える配慮を忘れないようにしていきたいですね。
皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)