身だしなみの一部として認識されつつある「脱毛」。
「ムダ毛」とも言われていますが、本来は皮膚を守るために必要なものでもあります。
しかし、女性にとって「毛」にまつわる悩みは深刻ですよね……。

今回は、読者から寄せられた「女性の脱毛に関するモヤモヤ体験談」をご紹介します。

皮膚が弱くて……


皮膚が弱く、すね毛を剃るとすぐに赤くなるため、毛を剃るタイミングはある程度間隔をあけています。
そのため、その期間は足を出さずに、パンツスタイルと決めていました。

彼氏と同棲したとき、毛の処理をしていない足を見られ、「女子力低すぎない?同棲しているからって気を抜いてるんでしょ?」と言われてしまいました。
気を抜いているわけではなく、今までは着替えのところを見られていなかっただけなのに……。

それに、皮膚に気をつかってやっていたことを「気を抜いてる」とは……?
男性も一回すね毛を剃ってみればいいのに……と思いました。

(30代/会社員/女性)

処理のタイミングは……?

彼氏は、完璧な女性像を投稿者さんに求めていたのかもしれませんね。
しかし、肌が弱ければ、毛の処理は難しいもの……。

「気を抜いてる」と言われてしまうと悲しい気持ちになってしまうので、どうして剃っていないのか理解することは大事にしたいですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)