就活で行われる面接で、モヤモヤする質問をされたことはありませんか?
面接は、お互いのことを知る機会であるはず……。

しかし、男女によってイメージを固定されると、嫌な気持ちになるかたもいますよね。

今回は、読者から寄せられた「就活に関するモヤモヤ体験談」をご紹介します。

メイクは……


もう20年近く前の話です。
化粧が苦手で、スカートも苦手な私……。

ある日、採用面接に出向いたところ、「どうして化粧しないのですか?」と突っ込まれました。
そのときは、「肌が弱いから」と答えたのですが、面接官の言葉や態度の端々から、「女性がメイクしないのは身だしなみのマナーを欠いている」と言いたいのが分かりました。

余計なお世話だと内心憤慨しながら帰路についたものの、後日、別の求人票を見てまた驚愕!
「メイクをきちんとしているなど、身だしなみが整っていること」と備考欄に記載がありました。

いまだに納得がいきませんが、今はメイクに関係のない業界で働いているので幸せです。

(42歳/福祉施設職員/女性)

メイクの有無は……?

女性がメイクするのは身だしなみのマナーと決めつけられ、驚愕した投稿者さん……。
たしかに、就活では服装やメイクに関する暗黙のルールがありますよね。

メイクするかどうかは各々の事情もあるため、個人の自由を尊重する就活にしたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)