気軽に送れるLINEは、今やなくてはならないコミュニケーションツールですよね。
しかし中には、相手の気持ちを無視した一方通行のLINEを送ってくる方もいるようで……。

今回は実際にあった“背筋が凍ったLINEエピソード”をご紹介します!

彼氏ができたと知って……


学生のころの話です。
友達から、「○○(私)と友達になりたくて、連絡先を知りたいと言っている子がいる。連絡先を教えてもいいか?」と聞かれ、承諾しました。

連絡先を聞いてきた相手は、たまに授業が被る男子。
彼とはLINEで他愛もないやりとりはしていたものの、学校で話すことはほとんどありませんでした。

しばらくして、私には彼氏ができました。
毎日ご機嫌に過ごしていたのですが、ウワサがたったのでしょう。

その男子から、「彼氏ができたの?」とのLINEが……。
「そうなんだよね」と返信すると、「俺がいるのに?」「俺のことを騙していたの?」と信じられないような返事が届いたのです。

学校ではほとんど話さず、恋愛の話にすらなったことはありません。
それにもかかわらず、まるで彼は私のことを彼女だと思っていたかのようなメッセージの数々……。

ゾワッとしてしまいました。

(24歳/専業主婦)

恐怖……!

ときどきLINEのやりとりをしていただけにもかかわらず、彼氏のようなメッセージの数々。
彼からすれば、投稿者さんと付き合っているつもりだったのかもしれません。

付き合ってもいない相手から彼氏風のLINEが届けば、ゾワッとするのも無理はないかも……。
一方的に思い込むのではなく、相手との関係性を考慮したメッセージを送るようにしたいものですね。

以上、“背筋が凍ったLINEエピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)