結婚するにあたり、プロポーズは女性にとって大切なイベントのひとつですよね。
プロポーズを経て、結婚や妊娠などのライフステージを迎えたいという方も多いかもしれません。

しかし中には、プロポーズの前に妊娠が判明する場合もあるようで……。

今回は実際にあった“結婚前の失敗エピソード”をご紹介します!

プロポーズ前に……


「そろそろ結婚をしよう」と彼氏と話していたときのことです。
付き合って丸3年になることもあり、3年記念日にあらためてプロポーズをするということになっていました。

しかしその頃、私は体調が悪い日が続いており、ある時から吐くように……。
2人で「もしかしてつわりでは……?」と思っていました。

しかし、子どもができたから結婚するのだと周囲から思われるのが嫌だった私。
プロポーズを受けるまで産婦人科に行くことも、妊娠検査薬を使うこともしませんでした。

体調が悪いことも周囲の人にはバレないようにし、3年記念日にプロポーズを受けました。
その後、すぐに病院に行くとやはり妊娠していたことが判明。

友人や家族には、「プロポーズしてもらったあとに妊娠が発覚した」と言っています。

(28歳/会社員/女性)

隠し通したい……

プロポーズを目前に、まさかの妊娠発覚!
おめでたいことですが、投稿者さんは授かり婚だと思われたくない一心で、なんとか隠し通したのだそうです。

投稿者さんにとっては思わぬ出来事だったかもしれませんが、失敗ではなくおめでたいエピソードと言った方がいいのかもしれませんね。

以上、“結婚前の失敗エピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)