気軽にやりとりができるLINE。
ですが中には、相手から送られてきたLINEのメッセージに困惑する人もいるようで……。

そこで今回は、実際にあった“ゾッとするLINEエピソード”をご紹介します!

身に覚えがない……


中学校の同窓会から何週間か経ったときのこと。
ほとんど話したこともないクラスメイトの男性から、LINEが来ました。

彼は、同級生の誰かから私のLINEを聞いたらしいのですが……。
「中学の頃、俺のこと好きだったらしいのに、結婚していたなんてショック。〇〇(私)の子どもを見たいから今度会おうよ!子どもが一緒じゃなくてもOK!」

そもそも中学の頃、好きでも何でもなかったし、いろいろと気持ち悪くて衝撃的でした。

(34歳/会社員)

勘違いだけでなく……

中学時代の同級生に、自分のことが好きだったと勘違いされていた事件……。
勘違いするだけならまだしも「結婚してショック」と、わざわざ伝えることに衝撃を受けてしまいそうです。

会う約束を取り付けようとしたのも、チャンスがあると思ったからなのでしょうか……。
自分の感情や思い込みだけでLINEするのではなく、相手の立場に立ったメッセージを送りたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)