交際期間が長くなるにつれ、相手との将来を思い描く人も多いはず。
ですが中には、結婚を意識するあまり、失敗してしまった人もいるようで……。

そこで今回は、実際にあった“結婚前の事件エピソード”をご紹介します!

結婚相手の条件を出され……


プロポーズ前の話です。
ひとりっ子のため父母が厳しく、結婚相手の条件を出されました。

母からは「結婚してからも、このような行動をとる人がふさわしい」という項目を書いたメモを渡されたのです。

私も正直に、当時の婚約者にそのメモを渡してしまいました。
すると、婚約者はメモを義両親に見せてしまったそうです。

「うちの子どもは、それほど信用ならないのか!」と、怒りを買ってしまいました。
婚約者がなんとか誤解を解いてくれたものの……。

結婚後も、いまだに「子離れ、親離れしていない」という印象を持たれていそうで怖いです。

(30歳/専業主婦)

驚きと……

両親が望む結婚相手の条件が書かれたメモを、婚約者に渡してしまった事件……。

今回は婚約者の方が誤解を解いてくれましたが、相手に伝えることと伝えないことでしっかり言動に移す前に考えるようにしたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)