LINEでの連絡を通じて、相手との中が深まることも多いですよね。
しかしその一方、LINEが原因で相手にネガティブな感情を抱くことも……。

今回は実際にあった「衝撃的なLINEに関するエピソード」をご紹介します。

住所を教えていないのに……


仕事先の先輩とLINEを交換したときの話です。
その先輩は、わたしに好意を寄せてくれていたのですが……。

休日にその先輩から「いま君の家の近くのコンビニにいるよ」と連絡がありました。

わたしはその先輩に、自宅の住所を教えたことがありません……。
先輩はどこかで住所を調べたみたいで、背筋がゾッとしました。

(30歳/接客業)

恐怖……!

自宅の住所を教えていないのに、ゾッとする内容のLINEがきた投稿者さん……。
LINEを送る際は、相手を困らせない内容かを確認してから送信したいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)