家族からの一言に、心を揺さぶられた経験はありますか?
長い時間をともに過ごした家族だからこそ、一つひとつの言葉が胸に響くことも……。

今回は読者から寄せられた「実際にあった感動エピソード」をご紹介します。

結納で父が……


結納で父から一言を貰ったときの話です。
挨拶の最後に、なにやらポケットから折りたたまれた紙を出してきました。

それは昔、わたしが小さかったころ父にあげた「なんでも券」。
それをわたしに手渡し、「いまからこの券を使うから、どうか幸せになりなさい」と言われました。

そのときは、思わず涙が溢れました。

(29歳/会社員)

感動……!

父にあげた「なんでも券」を出され、これからの幸せを願われた投稿者さん……。
日ごろから相手のことを思いやり、その幸せを応援できるようになりたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)