女性特有の生理の大変さ。
人によって生理の悩みもさまざまですよね。
生理で恥ずかしい経験をした方も、なかにはいるのではないでしょうか?

今回は、読者から寄せられた「生理の恥ずかしいエピソード」をご紹介します。

終わりかけだから……

生理終わりかけのある日のこと、出掛ける前にトイレに入ると、ナプキンに血液がまったくついていませんでした。

「おっ、生理終わった!今日はもうナプキンしなくていいかな」と思いつつ、万が一出先で出血があったら困るので、折りたたんだトイレットペーパーをパンツの中に入れて出かけました。

しかし、駅に向かって歩いているときに、そのトイレットペーパーが腰のほうに向かってどんどんズレていったのです。

「どうしよう……」と思いながらも歩き続けていると、ついにズボンの隙間からポロッと落ちてしまいました。

慌ててトイレットペーパーを拾い、逃げるように走って駅に向かいました。
本当に恥ずかしかったです。

(36歳/専業主婦)

ズボンの隙間から……

はたから見ると何が起きたのか分からないとは思いますが、投稿者さんにとってはかなり恥ずかしい経験だったことでしょう……。
ナプキン代わりに、トイレットペーパーを代用したことがある方もいるのでは?

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)