気軽に送れるLINEは、今やなくてはならないコミュニケーションツールですよね。
しかし中には、相手の気持ちを無視した一方通行のLINEを送ってくる方もいるようで……。

今回は実際にあった“背筋が凍ったLINEエピソード”をご紹介します!

出会って3日なのに……


友達の彼氏の紹介で、連絡を取っていた男性との出来事です。

やりとりを始めて3日目、直接会うことになりました。
会っている間は話が盛りあがり、「いい感じかも」と思っていた私。

解散後、その人から2時間前にLINEが届いていたことに気付きました。

メッセージを開くと、「返信を2時間くらい待っていたけど、その2時間は何をしていて遅れたのかも理由つきで教えてくれたら嬉しいな」との文章が……。

まだ出会って3日目なのに、まるで彼氏が送ってくるような文面……。
恐怖を感じ、速攻で距離をおきました。

(31歳/会社員)

恐怖……

まだ出会って3日目にもかかわらず、投稿者さんを束縛するかのようなLINEを送ってきた彼。
いくら相手に対して好意を持っていたとしても、相手の気持ちを考えた内容を送りたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)