自分のなかでコンプレックスに感じている部分はありませんか?
どうしても気になって、自分が肯定できない……。
そのような思いに悩まされている人も多いと思います。

今回は、読者から寄せられた「自分自身を肯定できたエピソード」をご紹介します。

くせ毛が……


私はくせ毛で、年中うねうねくるくるしています。

すごくコンプレックスで、ストレートパーマをかけていたことありましたが、髪が伸びるとすぐうねうねに……。
そのため、いつも髪がボサボサだと学生時代は言われてきました。

しかし、社会人になって髪の毛を明るく染めて、ヘアオイルをつけるようになると、「いい感じのパーマだね」や「外国人の髪みたい」と褒められるようになりました。

30代になってもくせ毛健在ですが、周りは「髪のコシがなくなってきた」とパーマにしているなか、地毛でいけているので今となってはラッキーだと思います。

長年コンプレックスでしたが、今では好きな部分です。

(31歳/看護師)

好きになれるかも……

くせ毛がコンプレックスだった投稿者さんですが、今では好きな部分になりました。
年代が変わると、コンプレックスの部分がプラスの要素に転じることもあると、心に留めておくようにしたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)