意図せぬ人からの好意に戸惑った経験はありますか?
本来なら嬉しいはずの好意も、状況によってはネガティブな印象に変わることも……。

今回は実際にあった「ゾッとしたLINEに関するエピソード」をご紹介します。

同期からLINEが……


新入社員のころ、配属店舗の違う同期に好意を寄せられていました。

一度断ったのですが諦めてもらえず、その後もLINEが頻繁にきていました。
しつこいので無視していましたが、それでも送られてきて……。

衝撃的だったのは、月に一度の全体会議のたびに、私が飲んでいたお茶のメーカーをチェックされていたことです。

「俺も同じお茶買ったよ」とか「今日は端の席にいたね」など、監視されているようなメッセージがきて恐怖でした……。

(31歳/主婦)

これは衝撃……!

しつこく好意を寄せてくる同期から、監視のようなLINEが届いた投稿者さん……。
自分がよかれと思う行動でも、相手が嫌がる素振りを見せたらすぐにやめるよう心がけたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)