子育てをしていると悩みは尽きないもの。
公共の場での子どもの言動には、とりわけ気を使うママさんも多いのではないでしょうか。

しかし見ず知らずの人からの思わぬ言動は、ときに悩んでいる心を軽くすることもあるようで……。

今回は実際にあった“育児中に救われたエピソード”をご紹介します!

立ち寄ったコンビニで……


緊急帝王切開で出産した私。

なかなか体調が戻らず、育児も思うようにできないために、当時の私はなんだか気持ちが晴れずもやもやとしていました。

ある日、ベビーカーを押しながらコンビニを出ようとしたときのこと。
レジの対応をしてくれた店員さんが急いでレジを閉め、お店の出入口を開けてくれました。

心が弱っているときだったため、その気遣いに涙が出そうになりました。

「弱っているときに、ほんの少しの優しさに触れるだけでこんなにも救われた気持ちになるのだな」と実感した出来事です。
(43歳/主婦)

感動……

思わぬところで他人からの優しさに触れ、心が温かくなった投稿者さん。
他人に対する自分のなにげない言動が、知らぬうちに誰かの心を癒していることもあるのかもしれませんね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)