自分のなかでコンプレックスに感じている部分はありませんか?
どうしても気になって、自分が肯定できない……。
そのような思いに悩まされている人も多いと思います。

今回は、読者から寄せられた「自分自身を肯定できたエピソード」をご紹介します。

自分の声が……


私はよくいえばハスキー声で、朝はとくにかすれた声になります。

大学生になると「酒焼け?」といじられることも多く、自分の声に対するコンプレックスが強くなりました。

好きだったサークルの先輩にも同じことを思われているのではないかと、自分から声をかける勇気がでなくて……。

あるとき、先輩から声をかけてもらい、少し話す時間がありました。
話の途中で、「〇〇の声っていいよな、かっこいいよ」と言ってもらえて……。

そのように思ってくれる人もいるんだと、そこから少しずつ受け入れられるようになりました。

今では、自分をアピールする最大の武器となっています。

(39歳/主婦)

コンプレックスは……

ハスキーな声がコンプレックスだった投稿者さんですが、先輩の言葉で受け入れられました。
投稿者さんのように、見方を変えれば、コンプレックスが最大の武器になることもあると、心にとめておきたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)