日々さまざまな出来事が起こるなかで、ときに大爆笑するほどおもしろい出来事が起こることもありますよね。

あまりにおもしろい出来事は、数年経っても忘れないだけでなく、思い返すだけでまた笑いがこみあげてくることもあるでしょう。

なかには、兄弟間でいまだに語り継がれるほどおもしろい出来事があった方もいるようで……。

今回は実際にあった“人生一おもしろかったエピソード”をご紹介します!

突然顔が水びたしに……


私が8歳のころの話です。
当時17歳だった姉と11歳だった兄と3人でテレビを見ていました。

席順は、テレビから近い順に姉・私・兄という順番。

姉はペットボトルの紅茶、小学生の私と兄は麦茶を用意して、いつものように楽しく過ごしていました。

しかし、3人で真剣にテレビを見ていたはずが、突然私の顔が水びたしに……。

なにが起こったのかわからず、「え?」と動けずにいると、私の前から姉が消えていました。

ふと物音がするキッチンへ目をやると、むせて苦しそうにしている姉の姿が……。

顔から紅茶をしたたらせながら、「お姉ちゃんが紅茶を吹き出して、私が浴びたんだ……」と冷静に察しました。

沈黙が5秒くらい続いた後に、兄と私は大爆笑。
姉もむせて涙を流しながら大爆笑でした。

今でもたまに思い出すと笑ってしまうほど、おもしろかった出来事です。
(34歳/会社員)

みんなで大爆笑!

思わぬ事態に一瞬時がとまったものの、理由が分かると大爆笑したという投稿者さん。
元気が出ないときに思い出すと、思わず笑顔になれるような出来事があるというのは素敵なことですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)