気軽にメッセージのやりとりができるLINE。
なかには、確認せずに送信してしまい、気まずい思いをした方も多いようで……。

そこで今回は、実際にあった“誤爆LINEエピソード”をご紹介します!

ケンカ中の彼と間違えて……


当時交際していた方と、LINEでケンカをしたときの話です。

そのやりとりの最中、学生時代のグループLINEが盛り上がっており、2つのトーク画面を行ったりきたりしていました。

グループLINEでは「◯日の都合は?」と、メンバーの1人が提案。
私は、そのメッセージが、交際相手から来たものだと勘違いしてしまいました。

「会いたくないに決まってるじゃん!」と、ケンカ腰でグループLINEに投下してしまったのです。

なんとも気まずい思いをしました。
すぐに「間違えた!ごめん」と、送信しましたが……。

グループLINEのメンバー20人から、突然キレる女に認定されたかと思うと、顔から火が出そうでした。

(29歳/主婦)

誤爆を防ぐには……

彼氏と間違えて、友だちに怒りのLINEを送ってしまった出来事……。

相手によってトーク画面の背景を変えておくのも、誤爆を防ぐ1つの解決策かもしれません。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)