自分でも気がつかずに発していることが多いと言われている寝言。
発している本人は気付かずとも、周囲の人は突然の寝言に驚くことも多いでしょう。

なかには、まさかの寝言に困惑した方もいるようで……。

今回は実際にあった“おもしろ寝言エピソード”をご紹介します!

弟の寝言は……


子どものころの話です。
ある晩、弟が一瞬で眠りにつき、いびきをかいて寝ました。

日頃からよく寝言を言っていたため、その日も「むにゃむにゃ……」と何か話しだしたので、「またいつもの寝言だな」と気にしていなかった私。

しかし、よく聞くと、「……マン……ピーマン……。ぐはっピーマン!」とピーマンにひどく怯えているのです。

じつは私はピーマンが苦手で、食卓に出されると、毎回弟にそのピーマンをこっそり食べてもらっていました。

「ピーマンがどうしたの?」と聞くと、寝言で「ピーマンにマジカルピーマンにされる」との返事が。

マジカルピーマンの「マジカル」はよく分かりませんが、「寝言に返事をすると、その世界から帰って来られなくなる」というジンクスがあったのを思い出し、笑いをこらえながら起こしました。

(33歳/会社員)

まさかの寝言に爆笑!

弟の寝言に対して、つい話しかけてしまい、思わぬ返答に笑いをこらえるのが大変だったという投稿者さん。

子どもらしいなんともかわいらしいエピソードに、思わずこちらも顔がほころんでしまいますね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)