自分でも気がつかずに発していることが多いと言われている寝言。
発している本人は気付かずとも、周囲の人は突然の寝言に驚くことも多いでしょう。

なかには、一緒に旅行している友人が突然寝言を発したために困惑した方もいるようで……。

今回は実際にあった“おもしろ寝言エピソード”をご紹介します!

お泊まり会で……


小学校のころに友人2人とお泊まり会をしたときの話です。
「寝ないでいようね」と話していたものの、あっという間に友人2人は寝てしまいました。

私はなかなか寝付けず、しばらく起きていたのですが、友人の1人が「あぁ、そう」と突然言ったのです。

起きていたのだと思い、「えっ?」と聞き返すと、「要するに私の足がくさいと」と一言。

慌てて「言っていないよ!」と言って友人を見ると、スヤスヤと寝ていました。

まさかの寝言に、一人で思わず「寝言かい!」とツッコんだ私。
朝起きて、友人に伝えたところ「何も覚えていない」とのことでした。

今でも付き合いのある友人なので、会ったり電話するたびに笑いのネタになっています。
(39歳/主婦)

まさかの寝言に爆笑!

友人の突然の寝言に爆笑したという投稿者さん。
時が経っても、笑いのネタとして盛り上がれるお話があるのは素敵なことですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)