日々の生活のなかで、ときに不思議な体験をしたことがあるという方もいるでしょう。

それが背筋の凍るような心霊現象だと、恐怖から心が落ち着かなくなってしまうこともあるかもしれません。

なかには、一家で心霊体験をしたという方もいるようで……。

今回は実際にあった“心霊体験エピソード”をご紹介します!

不審な足音のあとで……


私が中学生のころの話です。
家族みんなでテレビを見ていました。

すると2階から足音が。

家族全員リビングで過ごしていたため、不思議に思いましたが、「入浴していた父が出てきたのだろう」と、姉と2人で話していました。

ところが数分後、父が浴室から出てきたのです。
姉と2人で、「聞き間違えたのかな?」と首をかしげていました。

そして2階にあがった父が数分後に降りてきました。

テレビを見ていた私に苦笑しながら、「こっちに来て、こっちに来てって、何度も呼んで。いったい何の用事だったんだ?」と一言。

私は姉とテレビを見ていたため、2階には行っていません。
戸惑う私たちの様子を見て、父もおかしいと気づいたようです。

父を呼んだという「私」は、いったい誰だったのでしょうか……。

(38歳/会社員)

ゾクッとする……

投稿者さんが聞いた足音や、お父様の聞いた声は、いったい誰なのか真相はわからぬまま……。

気付いていないだけで、じつは普段から心霊現象は身近で起きているかもしれませんね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)