自分のなかでコンプレックスに感じている部分はありませんか?
どうしても気になって、自分が肯定できない……。

そのような思いに悩まされている人も多いと思います。
今回は、読者から寄せられた「自分自身を肯定できたエピソード」をご紹介します。

クセ毛で……


私は、幼少期からクセ毛が悩みで、コンプレックスに感じていました。
外出前にブローやアイロンでセットしても、湿気や汗に負けて、すぐうねったり、跳ねたり……。

とにかく髪型ひとつで1日気分が落ちるほどでした。
専門1年の冬、有名サロンに行く機会があり、クセ毛について担当の美容師の方に相談しました。

縮毛矯正しかないと思っていましたが、「すごくよいクセだね、活かしていこうか」と言われ……。
クセを活かすセットや髪型を提案してもらいました。

そのときの感動は忘れられません。
今では、クセ毛のこの髪が愛おしく思えます!

(23歳/会社員)

悩みは……

コンプレックスだったクセ毛を活かす髪型を、美容師から提案され感動した投稿者さん。
悩んでいることがあるのなら、プロの方に相談することも、1つの解決策かもしれませんね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
(恋愛jp編集部)