失敗は、誰もが経験すること。
しかしなかには、間一髪で失敗を回避できた、幸運な方も多いようで……。

そこで今回は、実際にあった“ギリギリセーフエピソード”をご紹介します!

合格ラインは……

siranaihitonituiteikuto
高校3年生のとき、大学受験に向けて必死で勉強していました。

当時の私は、数学が得意で、英語は苦手。
苦手分野を得意分野でカバーしようと考えていました。

しかし、第1志望の受験当日。
緊張して、数学の簡単な公式を忘れてしまったのです。

公式を導き出すのに時間がかかって、いつもの力を発揮できませんでした。
ただでさえ受かるかどうかも微妙なのに、もうきっと落ちたと思ったのですが……。

合格発表を見てみると、自分の点数が合格最低点でした。
人生の運を使い果たしたと思いました。

(19歳/学生)

間一髪

受験で大切な公式を忘れてしまったものの、ギリギリで合格できたエピソード……。
事前に緊張に慣れておくことも、1つの解決策かもしれません。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)