付き合うまえに本当の姿が見えたらいいのに…… なんて思ったことはありませんか?
付き合ってみたらカレの態度が変わって苦労した、という方も多いでしょう。

苦労をしないためにも、お酒の酔い方で男性の性格を診断してみるといいかもしれません。
お酒を飲むと普段抑えているものが抑えられなくなって、本当の姿が見えてきます。

そこで今回は、お酒の酔い方でわかる性格診断をご紹介します。
あなたの気になるカレはどのタイプですか?

1018_01

(1)テンションが上がっておしゃべりになる人

真面目で物静かなのにお酒を飲むとおしゃべりになる人は、本当は明るい性格なのかもしれません。
普段は緊張感を保っているため、なかなか表に出ないですが、お酒を飲むことで緊張がゆるみ本来の明るい性格が出てくるのです。

話しづらいと思っていた人でも、お酒に酔ったら意外な二面性が見られるかもしれません。

(2)静かになる人

お酒を飲むと徐々に口数が減って黙ってしまう人は、精神的に不安定な可能性が……。
特に普段明るい人がこうなる場合は、仕事やプライベートで何らかの問題を抱えているのかもしれません。
すぐ解決できそうな問題であれば、相談に乗ることで仲が深まることもあります。

ただし、根が深い問題を抱えている場合に深い入りしすぎるのは注意が必要です。
なにかの拍子に急に態度が変わることもあるかもしれません。

(3)普段とあまり変わらない人

お酒を飲んでも普段と変わらない人は、自分をコントロールできる人です。
自分の飲める量をしっかりわかっていて、酔う前に飲むのを止めることができます。

たとえ酔っていても、自分を保とうとする意識が強く働くため、普段の様子とあまり変わらないのです。
ただ、お酒を飲んでも本音がなかなか出てこないため、何を考えているかわかりにくいという面もあるようです。

(4)よく泣く人

お酒を飲んでついつい熱くなって泣いてしまう人は純粋な人です。
自分に正直で裏表がない人が多く、酔った状態で話しているうちに感情が抑えられなくなって涙が出てきてしまうのです。

逆に弱音を吐いてメソメソと泣く人はネガティブな性格かもしれません。
お酒を飲むことで、物事をマイナスに考えてしまう癖が強まってしまい、自分が情けなく思えてくるようです。

(5)説教をしてくる人

酔うと説教をしてくる人はプライドが高かったり、コンプレックスを抱えていたりする人です。
自己評価は高いのに周囲にはそれほど評価されないことが多いため、ストレスが溜まっています。
説教をして自分の存在感を示すことで、普段のストレスを解消しているのです。

このような人は、付き合うと態度が大きくなることが多く、将来は亭主関白になる可能性も……。


いかがでしたか?
男性のお酒に酔った姿を見れば、普段は見せない本当の姿がわかるかもしれません。

気になる男性とお酒を飲む機会があったら、楽しく話すだけでなくお酒の酔い方にも注目してみてください。

【関連リンク】
女子の鑑だな…♡男が思わずキュンとする「可愛い笑い方」

鼻が大きい人は”お金持ち”になれる?ホントのあなたが分かる「鼻診断」4パターン

(文/恋愛jp編集部)